げいのーの壺 > エンタメ・ゴシップ > 【訃報】元UFCファイターのティム・ヘイグがボクシングで死亡 

【訃報】元UFCファイターのティム・ヘイグがボクシングで死亡 

0comment
          
1: 2017/06/21(水) 17:03:49.87 ID:CAP_USER9
過去にUFCへの参戦経験もあるティム・ヘイグが、6月16日にカナダ・エドモントンで行われたボクシングの試合後に重体となり、
2日後の18日に死去した。

MMAファイターのヘイグは2011年からボクサーとしてのキャリアをスタートし3戦を戦っていたが、総合格闘技や非公式の
ボクシングの試合にも参戦し「慢性的にKOされていた」ことも明るみになった。

総合格闘技の試合に30戦以上参戦してきたヘイグ、基本的には地元のカナダを主戦場としてきたが2009年のUFC98以降4度の
出場を果たしている。

UFC時代のハイライトはK-1などにも参戦したパット・バリーとの初戦での勝利、その後ナンバー大会に出場を続けるが、
マット・ミトリオンに敗れ4連敗した2011年のファイトナイト以降は、WSOFのカナダ大会などに出場を続けてきた。

そんなヘイグのボクシングの試合での不慮の死。彼が全くのボクシング素人という訳ではなかったが、ブランクの長さや実戦経験を
見ると疑問符も多い。

2011年12月にボクシング・デビューし、その後5年のブランクから昨年復帰し判定負け、そして今回のアダム・ブレイドウッド戦が
キャリア3戦目。しかも対戦相手のアダム・ブレイドウッドは、WBUのチャンピオンで試合戦績は7勝1敗。WBU自体は世界的に
認知度もさほど高くないマイナー団体ではあるが、実力にも大きな差があったのは明らかだ。

映像でも試合開始序盤こそプレッシャーをかけ、ボディなどにパンチに放つヘイグの姿が見られるが、強烈な何度もブレイドウッドの
パンチを浴び1Rで早々とダウン、その後もおぼつかないステップの中、似たような状況で左右顔面に強烈なパンチを浴び続けている。
1Rの3分間で、明らかに3ノックダウンしている場面が見られるが試合終了間際ということで、不幸なことに2Rに突入。逃げ腰の
ヘイグに対して、、対戦相手が容赦なくパンチを打ち続けており、最後のKOシーンでも左右の強烈なフックを貰っている。

試合後に病院搬送されたヘイグについて、友人のCody KrahnがFecebookなどで状況を伝えていたが、脳出血で手術を受けた後に
昏睡状態になり、チーム関係者や家族が2時間後に脳死宣告を受けたという。

カナダのCBCのインタビューに答えたヘイグのトレーナー、ライアン・フォードのコメントでも今回の試合は明らかに「ミスマッチな
対戦カード」であったと指摘しており、ヘイグがパートタイムのファイターで普段は学校教師をしながらリングに上がっていたことや、
ブレイドウッドとの試合でほとんどが自分を守るためのガードに終始しており「ヘイグがこのリングで戦うには相応しくないのは
明らかだった」と語っている。

MMAなどのメディアである<bloodyelbow>も、1Rの3度のノックダウンをレフェリーが見過ごしたことに疑問を呈し「明らかにヘイグは
3度ダウンしていたにもかかわらず、次のラウンドまで試合は続行され致命的な4度目のKOで悲劇が起きた」と指摘。

さらにエドモントンの競技スポーツ委員会も声明を発表し、ヘイグが2015年から2016年の11ヶ月間の8つの敗戦のうち4回の試合で
KOやTKO負けを喫したこと、さらには今年の4月にMMAのグローブでの通称「スーパーボクシングマッチ」でジャレッド・キルケニーに
40秒でKOされていた事実を公表。この試合はボクシングでもMMAでも公式の戦績として記録されていなかったことも明らかにした。

あくまで事実関係を公表したリポートではあるが、ヘイグがMMAやボクシングなど様々な試合で慢性的にKOされていたことや、
記録に残されていないボクシングマッチなどでもダメージを受けていたことは、この発表からも伺える。UFCなどではKOを受けた
場合の選手は90日や場合によってはそれ以上の試合出場休止やトレーニングの中止を命じられることを考えても、KOから2ヶ月での
リング復帰はかなり高いリスクが伴っていたことは想像できる。

MMAファイターがボクシング挑戦というと、コナー・マクレガーとフロイド・メイウェザーのドリームマッチが巷では盛り上がりを見せているが、
スケールは違えど今後このような異種格闘マッチは増えていくことが予想される。「改めて十分にボクシングのトレーニングを受けていない
ファイターが、実力差のあるボクサーと対戦するべきか?」という論争のきっかけになる事件になりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00010009-abema-fight

 

転載元
http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498032229/

3: 2017/06/21(水) 17:12:03.78 ID:e+kA+Tmf0
UFCよりボクシングのがキツいからな
5: 2017/06/21(水) 17:23:09.84 ID:uR38vG420
>>3
ダメージがほぼ脳みそに集中するからね。
11: 2017/06/21(水) 17:38:07.64 ID:3XqGF4Zv0
>>3

UFCだと一発もらうともうKOだからな。
だからボクシングよりかは脳にダメージが残りづらい。

4: 2017/06/21(水) 17:21:51.88 ID:JMV1Ex9t0
山本宜久がこんなんなりそうだったから一線退いて良かったと思う
6: 2017/06/21(水) 17:25:17.22 ID:javL9+S20
ガチ童貞の前田はMMAは頭が地面に着いた状態で打撃を喰らうからボクシングより危険だって言ってたな
29: 2017/06/21(水) 20:59:21.36 ID:Buj3pQoJ0
>>6
理論上は正解だけど、ルールのせいと言うかルールのおかげと言うか妙な縛りがあるから、
現実的には頭を付けた状態での強力な打撃ってのはそうそうヒットしないからね

実力格差と壊す気持ちがあれば何時かは事件になるかもしれんし、
レスリングですらもKIDみたいな事もあるわけだしで何とも言えないけど

7: 2017/06/21(水) 17:25:43.58 ID:Wu/v4Q4x0
確かUFCはまだ死亡事故無いんだっけ?

ボクシングは頭部にダメージが集中するから圧倒的に死亡率高いんだろうな
危険な競技だね、それが魅力でもあるんだが

9: 2017/06/21(水) 17:34:46.11 ID:GZtqUT4L0
ボクシング含めた格闘が直接の死亡原因になった例は過去にどれくらいあるんだろう
13: 2017/06/21(水) 17:39:44.81 ID:Wu/v4Q4x0
>>9
ボクシングはむちゃくちゃ大量にあるよ
日本国内でも結構あるし、世界ってなったら1000人くらい死んでんじゃね
間違いなく一番死亡事故が多いスポーツかと
競技人口辺りの死亡率って意味ならF1とかの方が上かもしれん (競技人口が少ないので)
16: 2017/06/21(水) 17:44:40.50 ID:Wu/v4Q4x0
>>13
少し調べたが、1000人どころじゃない可能性も
ボクシングは日本国内だけでも2年に1回のペースくらいでガンガン死んでる
世界だと安全管理甘い国多いし、競技人口が多いから近代ボクシングだと数千人死んでるかも

昔のグローブが小さくて15Rあった時代は今より遥かに死亡率高かったって話だし

24: 2017/06/21(水) 19:23:49.67 ID:iF0OtF+N0
>>16
まじかよそんなかよ怖いな
パンチドランカーになるくらいだと思ってたわ
16: 2017/06/21(水) 17:44:40.50 ID:Wu/v4Q4x0
>>9
少し調べたが、1000人どころじゃない可能性も
ボクシングは日本国内だけでも2年に1回のペースくらいでガンガン死んでる
世界だと安全管理甘い国多いし、競技人口が多いから近代ボクシングだと数千人死んでるかも

昔のグローブが小さくて15Rあった時代は今より遥かに死亡率高かったって話だし

14: 2017/06/21(水) 17:41:08.60 ID:U/7chmNJ0
レフリーが試合を止めないと…
TKO無しなの?
17: 2017/06/21(水) 17:46:16.14 ID:Wu/v4Q4x0
>>14
ボクシングの死亡事故ってリングで死ぬケースより
脳のダメージによって後日死ぬパターンが多いから
レフェリーも難しいんでしょ、止めていいかどうかなんて試合中にCT見れるわけでもないし
誰にも正しい判断できんかと
15: 2017/06/21(水) 17:44:25.18 ID:gDf8Lb+n0
レフェリーの止めるタイミングがそれぞれ違うのは危険
17: 2017/06/21(水) 17:46:16.14 ID:Wu/v4Q4x0
>>15
ボクシングの死亡事故ってリングで死ぬケースより
脳のダメージによって後日死ぬパターンが多いから
レフェリーも難しいんでしょ、止めていいかどうかなんて試合中にCT見れるわけでもないし
誰にも正しい判断できんかと
18: 2017/06/21(水) 17:53:26.64 ID:iDcnfPVW0
総合で30戦以上もやってUFCで4連敗って時点でパンチドランカーじゃね?
19: 2017/06/21(水) 18:05:10.47 ID:PFG/bMgc0
ヘビー級ぽいけどヘビー級で死亡って今までに無いんじゃなかろうか
21: 2017/06/21(水) 19:08:00.46 ID:AFVGr1Mr0
ボクシングは頭を集中的に殴り合う競技だから脳にダメージを受けて死亡事故やドランカーが多い

総合格闘技は頭以外にもダメージが分散するから死亡事故が少ない

22: 2017/06/21(水) 19:15:10.84 ID:LJEC4e5U0
UFCファイターがボクシングに来ると殺される
本物の戦いだからな
31: 2017/06/21(水) 22:06:04.49 ID:n6YzGsen0
>>22
ジェームズ・トニー「せやな」
25: 2017/06/21(水) 19:28:31.28 ID:HW/V4XPk0
2か月間にKO負けしてるの分かってたら試合させてないだろ
26: 2017/06/21(水) 19:40:13.18 ID:rqH6UJab0
レフェリーも悪いかも知れんが、セコンドがタオル投げるか、本人がギブアップする選択肢もあったよね

ボブ・サップみたいに早めに諦めちゃうのが、後の人生を考えると一番賢いのかも

28: 2017/06/21(水) 20:02:07.09 ID:ifLb0BOZ0
そもそもダメージが発生するの試合だけじゃないからな
ジムでのスパーリングでも脳震盪は発生しうる、ヘッドギアにはそういうダメージを防ぐ効果なんて本当はないからな
32: 2017/06/21(水) 22:18:00.56 ID:gA9CSXAs0
闇ボクシングって
素手にグリースとガラス片をつけて
殴り合うやつのことか?
33: 2017/06/21(水) 22:25:35.52 ID:kpOVb5vZ0
公式なボクシング試合は今回が3試合目だったそうやね
他にММAグローブのボクシングマッチや闇ボクシングもしたらしい
34: 2017/06/21(水) 22:29:16.98 ID:/QWX6fko0
ジャブですら実際かなり危険なんだよなぁ。
脳はもちろん眼もやられる。
頭部に打撃が集中するボクシングは地味な部分でも危険。
37: 2017/06/22(木) 02:27:39.25 ID:xl2X+bPr0
ボクサーなんてやってるこいつの自己責任だろ
38: 2017/06/22(木) 07:40:15.75 ID:DSm/UTAD0
ボブサップは正しかったな
39: 2017/06/22(木) 08:12:47.09 ID:Ix0PQFYH0
闇ボクシングとかあしたのジョーを思い出した
この記事を見た人はこちらの記事も見ています

コメントの投稿

非公開コメント

 
TOPへ