げいのーの壺 > エンタメ・ゴシップ > 【女性層の支持を集めるには・・・】「ブルゾンちえみ」が人気の理由

【女性層の支持を集めるには・・・】「ブルゾンちえみ」が人気の理由

0comment
          
1: 2017/04/20(木) 07:03:00.86 ID:CAP_USER9
お笑い界では毎年のように新しい芸人が出てきます。そんな中で、間違いなく2017年前半の主役と言えるのが、女性ピン芸人のブルゾンちえみさんです。

彼女は、1月1日放送の「ぐるナイ! おもしろ荘2017」(日本テレビ系)に出演して、優勝を果たしました。
そのときに演じた「キャリアウーマン」のネタが視聴者の間で大反響を呼んだのです。そして、人気は瞬く間にうなぎ上り。
4月13日に始まったドラマ「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ系)でも主要キャストの1人に抜擢されました。
ドラマ初出演にもかかわらず、演技のほうもなかなかのものだと評判です。

昨年末の時点では、ブルゾンさんのことを知っている人は世の中にほとんどいなかったはずです。
テレビに本格的に出始めてからほんの2~3カ月のうちに、彼女は圧倒的な人気を獲得していきました。
ブルゾンさんが多くの人から支持されている最大の理由はもちろん、最初に披露したネタが面白かったということに尽きると思います。

■これほど短期間にブルゾンさんが大ブレークした理由

しかし、単に面白いというだけでは、これほど短期間で華々しい成功を収めることはできなかったはずです。
ここでは、ブルゾンさんが大ブレークした理由として3つの要素を挙げてみたいと思います。

第1に、ブルゾンさんのネタにはメッセージ性がある、ということです。
彼女が演じているのは、仕事にも恋愛にも妥協せず、エネルギッシュで意識の高いキャリアウーマンです。
元カレのことが忘れられず、恋に臆病になっている若い女性に対しては、地球上に男は「35億」もいるから大丈夫、と励ましの言葉を送る。
また、自分から狩りに出なくても待っていれば男は自然と寄ってくると断言し、
「ああ、女に生まれてよかった」とつぶやく。自らが女性であることを堂々と肯定するこのポジティブ思考が、世の女性たちに勇気を与えました。

私の知るかぎり、ブルゾンさんのネタは女性の支持率が高い気がします。
法律の上では男女平等の社会になり、女性は男性並みの働きぶりを求められるようになっていますが、
結婚や出産のことを考えると20代後半から30代前半の女性には何かと悩みが尽きません。
仕事と恋愛のどちらを取ればいいのか?  どっちも取りたいけどそんなことは可能なのか?
いわゆる「タラレバ世代」の女性の前にはそんな壁が立ちはだかっています。
その層の女性に対しては、ブルゾンさんの投げかけた肯定的なメッセージが特に深く刺さっているのではないでしょうか。

 

転載元
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492639380/

64: 2017/04/20(木) 07:31:05.88 ID:tV6eajva0
>>1
つまらないだけならまだマシだったのに、パクリ疑惑に対する言い草が最悪だった
パクリ元に売れてほしいですねはないわ
95: 2017/04/20(木) 07:42:48.19 ID:LeJBcpdt0
>>1
年末には消えてるだろうから
その時また改めて考察頼むわw
146: 2017/04/20(木) 08:06:04.26 ID:QxnP5CmE0
>>1
■ブルゾンのパクリ元

ブルゾン
「花は~自分からミツバチを探しに行きますか?探さない。待つの」
Keiko
「探すんじゃない、準備するの。花は自分からミツバチを探しに行ったりはしないでしょ?」

ブルゾン
「もし、その彼が本物の運命の相手なんだったら、あなたの細胞ひとつひとつが
喜びのサインを出しているはずよ。細胞レベルで恋してる?」
Keiko
「その人がホンモノであれば、あなたの六〇兆個の細胞がこぞってこう叫ぶはず。『YES、he is!!』」

-----------------------

文春「Keiko氏の本を読んだことはあるか?」
ブルゾン「私は、Keikoさんをすごく尊敬しています。直接お会いしたことはないですが、
Keikoさんは怒るような人ではないです。本も売れてほしいですね」

文春「「花は~」や「細胞レベルで~」のセリフはKeiko氏のパクリか?」
ブルゾン「パクリというのか、インスピレーションというのか、感じ方は人それぞれだと思います。
私は特に。どうとでも言ってください」

188: 2017/04/20(木) 08:28:29.92 ID:Ub6UGLV50
>>1
広瀬すずに似てる時がある
2: 2017/04/20(木) 07:04:00.69 ID:CAP_USER9
ハイビジョン時代に対応したパフォーマンス

第2に、見た目が良かった、ということです。
ブルゾンさんがキャリアウーマンのネタを演じるときには、ブリリアンというイケメンコンビを従えて、「ブルゾンちえみ with B」というユニットとして出ています。
ピン芸人なのに複数で出てくる、というこのスタイルは画期的な発明でした。

ブルゾンさんがこの形でネタを始めたのは、アメリカの映画、ドラマ、音楽が好きで、その世界観を表現したかったからだと推測されます。
アメリカの女性ソロアーティストのミュージックビデオでは、1人の女性が大勢の男性を従えているという構図がしばしば見受けられます。
ブルゾンさんの中では自分の理想とする画(え)が見えていて、それを再現するために2人を引き連れるという形を選んだのだと思います。

さらに言えば、「ピン芸人なのにトリオ」というこのスタイルは、テレビの縦横比が従来よりも横に長いハイビジョンサイズ(16:9)になった今の時代にちょうどマッチしていました。
ハイビジョンのモニターで1人の芸人が真ん中に立っているだけだと、両サイドのスペースが大きいため、どうしても寂しく見えてしまいます。
でも、実質的にトリオとして出ているブルゾンさんにはその心配がありません。
舞台を大きく使って3人で動き回ることで、ハイビジョン時代に対応したパフォーマンスを見せることができたのです。

第3の理由として、最初の売り出し方がうまかった、ということが挙げられます。
実は、ブルゾンさんは1月1日放送の「ぐるナイ! おもしろ荘2017」に出た時点で、
視聴者やテレビスタッフの誰もが「これは売れる!」と確信できるほどの逸材でした。
あとは各局からお呼びがかかって、テレビにどんどん出ていけば、それだけでもある程度のところまで人気が出ることは想定できました。

意外に思われるかもしれませんが、実は最初の頃、ブルゾンさんはそれほどたくさんテレビに出ていたわけではありませんでした。
1月から2月ぐらいまでは、出発点となった「ぐるナイ」と、同じ局の人気番組「行列のできる法律相談所」を中心に、ごくごく限られた番組に出ていただけでした。
オファーはもっとたくさんあったということは容易に想像できますから、おそらく意図的に露出を抑えていたのだと思います。この作戦が奏功しました。

■同じネタを何度もやってすり減ってしまう前に

インパクト抜群のブルゾンさんの芸は、1度見たら忘れられなくなります。
でも、いろいろな場所で何度も何度もネタを見せてしまえば、その分だけ消費されるスピードも速くなってしまいます。
そこで、ゴールデン(プライム)タイムの人気番組である「行列のできる法律相談所」や「しゃべくり007」など、
限られた番組だけに出ることで希少性を高めて、1回1回のインパクトを大きくすることを選んだのだと思います。
実際、それらの番組に出たときには、ブルゾンさんは毎回大きな反響を呼んでいました。

バラエティだけに出続けて同じネタを何度もやってすり減ってしまう前に、ドラマという次のステージに移行することができたのも幸運でした。
もともとブルゾンさんは、架空のキャリアウーマンを演じる「なりきり芸」を得意としていますから、演技もお手のもの。
新人とは思えない演技で多くの視聴者を驚かせています。ドラマに出たことで彼女のタレントとしての可能性はますます広がっています。

こうやってビジネス的な視点で考えてみると、ブルゾンさんが売れたのは単なる偶然ではありません。
ブルゾンちえみという商品には、特定の層に対する強い訴求力があり、外見的な魅力があり、売り出し方もうまかったから売れたのです。
ブルゾンさんは文字どおり一流のキャリアウーマンとして、理想的な形で自らの「キャリア」を形成しています。

4: 2017/04/20(木) 07:04:44.63 ID:FssSUHzVO
半年もしたら消えるんだろうな
年末年始、あれだけテレビに出ていたピコ太郎もあまり見なくなったし
59: 2017/04/20(木) 07:29:32.91 ID:0kOVKjBA0
>>4
ピコ太郎はまだいっぱい出てるだろ
CMで見ない日はない
5: 2017/04/20(木) 07:04:51.57 ID:b+1/NZEX0
とっくにいつ消えるかに興味も移行してます
6: 2017/04/20(木) 07:04:58.12 ID:QNDxKPpd0
こいつのおもろさが1mmもわからない
顔もきもいし
8: 2017/04/20(木) 07:06:25.95 ID:d8w4DKfu0
意識高すぎる女をギャグにしてるのにまともに受け止めてどうする
9: 2017/04/20(木) 07:06:51.81 ID:wcWGOH7B0
またこういう事務所の為の提灯記事で
単なるゴリ押し芸人を
人気者に仕立てようとする
13: 2017/04/20(木) 07:09:05.44 ID:I4kyiuM70
発音、イントネーション、声が良いね
この人、これがポイント
71: 2017/04/20(木) 07:33:32.95 ID:EOqbGN/v0
>>13
確かに
あの微妙なルックスと目付きもジワるんだよな
with Bがまた絶妙
14: 2017/04/20(木) 07:09:39.87 ID:HUx2ea/7O
いや?
平野ノラのほうが抱きたい
15: 2017/04/20(木) 07:09:59.50 ID:CUCL99rT0
35億って言いたくなるよね
22: 2017/04/20(木) 07:14:50.84 ID:RrJkQepC0
化粧そのものが椿鬼奴みたいだからダブって見える

面白いと思わない

26: 2017/04/20(木) 07:17:30.90 ID:L1euHnfj0
面白さが何一つ分からない
35億が何?
28: 2017/04/20(木) 07:17:33.75 ID:BCTxzqMQ0
太る前がカワイすぎて草
139: 2017/04/20(木) 08:04:38.73 ID:HdXFx9Uh0
>>28
写メはよ
30: 2017/04/20(木) 07:18:03.76 ID:qrYXLVFE0
後ろの男2人のおかげだろ
38: 2017/04/20(木) 07:20:12.00 ID:q5bD/d1R0
まぁ最初の勢いはあったかな
51: 2017/04/20(木) 07:25:44.36 ID:AHxoDOOW0
ラッスンやエレキテルのときと似たようなゴリ推し
66: 2017/04/20(木) 07:31:20.67 ID:f64SCvMi0
>>51
基本一発屋はゴリ押しとはまた違う
ギャラを安く使える上に飽きられるまで使っておけば
そこそこ視聴率も取れるからな
んで飽きられたらまた他の一発屋見つけて使い捨て
すてすればいいだけだからなw
ブルゾンは明らかに意図的なゴリ押しだよな
55: 2017/04/20(木) 07:27:37.05 ID:uKWBix+H0
ダメよーダメダメのほうが面白かった
62: 2017/04/20(木) 07:30:02.49 ID:wIDxzymvO
With Bの方が興味ある
68: 2017/04/20(木) 07:32:03.43 ID:92DA7vbd0
真似しやすいのはいいと思う
メイプル超合金のなつさんがやって、後ろにカズレーザー居たのは面白かった
76: 2017/04/20(木) 07:34:59.01 ID:GvRsmi2t0
ブルゾンちえみは声が良い。

めっちゃ耳に入ってきやすい。

声って結構重要だよ。

82: 2017/04/20(木) 07:37:18.85 ID:0D3xy7zM0
事務所のちから
89: 2017/04/20(木) 07:40:31.04 ID:gy1NzKT70
消えるのも早いだろうね
平野ノラなんかもう消えかかってるでしょ
99: 2017/04/20(木) 07:44:00.42 ID:Td90vzp90
掘ちえみなら知ってる
103: 2017/04/20(木) 07:45:23.69 ID:EFlAtCmS0
女が支持してるのって、デブでブスだからでしょ
111: 2017/04/20(木) 07:48:47.60 ID:UScJSyzN0
デブタレの中で一番不快な顔
117: 2017/04/20(木) 07:50:48.68 ID:/7Vw+vbA0
三大ちえみ

江利

ブルゾン

124: 2017/04/20(木) 07:54:11.41 ID:pT7hT4nv0
平野ノラちゃんのがおもろい
有吉の壁面白かった
130: 2017/04/20(木) 08:00:08.05 ID:5wrXQvc80
腐臭が漂う提灯記事だな
135: 2017/04/20(木) 08:03:05.60 ID:WAfNY77Q0
こいつ好きって言う女よく見る
160: 2017/04/20(木) 08:15:53.34 ID:2tDM+ezr0
>>135
くーちゃん好きとかあゆ大好きとか言ってる売れ残りには人気なイメージ
141: 2017/04/20(木) 08:04:46.95 ID:tNGh59yu0
そして消えていった
147: 2017/04/20(木) 08:08:29.89 ID:mknN792E0
ここに書き込んでる雑魚男も含めると35億いるんだけど
そんな雑魚男で良いのかよ?低身長で顔もカッコよくなくて、小太りなんて男はいやだよな?普通・・・
この記事を見た人はこちらの記事も見ています

コメントの投稿

非公開コメント

 
TOPへ